ベルどうぶつクリニックのブログ

東京都町田市にあるどうぶつ病院ベルどうぶつクリニックです

猫の心筋症

先日、麻生大学の夜のセミナーにいってまいりました。

月1ペースで開催してくれるので、

ありがたいことです。

 

そこでのハナシ

 

猫ちゃんの心筋症という病気があります。

心臓の筋肉が内側に大きくなって、心臓の内腔をふさいでしまう病気です(肥大型心筋症)

 

1)かかりやすい猫

 スコテイッシュフォールドがダントツ多いそうです

 アメショー

 メインクイーン

 ペルシャ

 ノルウエージャン

 でも、雑種のオスにも多いのです

2)症状

 あんまり咳したりしないんです

 なぜって、心臓がおおきくならないので、気管を圧迫しないから

 レントゲンでも心臓は普通の大きさにうつります

 心雑音も進行しないと、聞こえないのです(わざと、興奮させると雑音が聞こえるとのこと)22%の猫は心雑音がない。

 不整脈がでて、だんだん、やせていきます

 末期になると、肺水腫(肺に水がたまる)が胸水がたまって

 呼吸が苦しくなります

 突然死もあります

3)猫の15%はこの病気にかかります

 10歳以上だと30%

4)治療 

 ガイドラインはないのです(つまり、王道の治療方法がない)

 では、症状がない場合はどうするのか

 心筋の肥大化を抑制するかもーっという薬を飲んでもらいます

猫に症状がないのに、投薬するのってなかなかたいへんなことですよね。

ただ、症状がなくても、興奮したりすると、こてっと突然死することもあるので、

 投薬できるなら、投薬してもらったほうがいいです。運動制限と、できれば、ケージレストが望ましい(猫にとってどっちが幸せか、うーーんというところですが)

f:id:anbeto:20181113123849j:plain

立川にある昭和記念公園のドックランです。野津田公園もこういうドックランつくってくれるといいのですけれどねえ、、

1年以内の狂犬病と混合ワクチン接種証明書が必要です

 

 

胃拡張捻転症候群になりやすい犬とは

昨日は、休診してご迷惑おかけしました。

都内で10時から17時まで缶詰のセミナー(画像診断と救急)にいってまいました。

講師が、参加者をあてて、答えさせるから緊張しましたーーー

(あせります)

で、そこでのハナシ

救急というと、なんといっても、ヤバヤバなのが

胃拡張胃捻転という病気です

ラブとかゴールデンやスタンプーといった大型犬だけと思っていませんか?

違うんです

ダックス、シーズー、コーギーにも多いんです。

そして、ガリガリのシニア犬

しかも、

食後安静にしていれば、大丈夫というわけではなく、

発生機序がまだ、解明されていませんが、

なぜか、夜に多いので

夜になってわんちゃんが、ふーふー苦しみ始めて、あわてて夜間救急に駆け込むというパターンなのです。

胃が捻転して、胃にくっついている十二指腸が背中にまわって、脾臓までねじれていく、こわーい病気です。

手遅れになると確実に死にますので、ご注意ください。

f:id:anbeto:20181022094334j:plain

 

 

 

そこに愛はあるのかい

明日の11/11日の日曜日は臨時休診いたします

どうしても参加したいセミナーにいってまいります。ご迷惑おかけします。

 

野津田公園のドックランが移転しました

最初、あんまり評判が悪いから(使っている人ほとんどいないし)

撤去したのかなって思っていたら、その場所は送電線を設置する工事がはじまり、

ドックランは12月から新規オープンして、多目的広場のそばの

誰も使わない壁横の木立の中につくられるようです

f:id:anbeto:20181109125735j:plain

f:id:anbeto:20181109125749j:plain

f:id:anbeto:20181109125718j:plain

たしかに、ドックランには日陰が必要です

でも、

雨や霜が降りると、地面がドロンコになるでしょうーー

ウッドチップをしいてくれるといいのですが、

たぶん、町田市はサッカーにはお金をつぎこむけれど、市民の憩いの場ともう一人の家族にはお金つかわないでしょうーー

 

猫エイズ感染症

猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症、、エイズですね

もちろん、人間にはうつりませんが、ほかの猫ちゃんにうつることもあります。ただ感染力は強くないので、

空気感染とかはしません。

猫エイズは、、末梢血液中のリンパ球や単球に感染し、ウイルス血症になります。血液中のウイルスは、感染後の7-8週にピークになり、徐々に減っていきます。

 

症状は5つの病期で進行していきます。

1)感染初期

 感染初期の発熱、下痢、口内炎

 全身リンパ節の腫脹(急性期)

2)病気に打ち勝って元気になる、無症候

でも、ウイルスはもっている、無症候キャリアー期

3)全身のリンパ節腫大が再び現れる持続性リンパ節腫大期

4)免疫異常を伴う難治性の口内炎や歯肉炎を発症する後天性免疫不全症候群(AIDS)関連症候群

5)免疫低下による日和見感染、骨髄抑制、悪性腫瘍、神経症状などのAIDS期

 

 死亡率は、4)のAIDS関連症候群期で1年以内

5)の末期は、1-3か月以内に死亡します

急性期の1)から5)AIDS末期にいたるまでの期間は5年以上といわれています。

猫インターフェロンの投与が症状の緩和に効果的といわれています

木曽馬

f:id:anbeto:20181022161236j:plain

 本日は、麻布大学の夜のセミナー参加のため、19時までとさせていただきます。

ご迷惑おかけします 

 

猫白血病ウイルス感染症

猫の白血病、、ワクチンがでてはいますが、、、

最近、あんまりみないなーって思っていたら

子猫の野良猫ちゃんを保護された方が検診にいらして、

調べたら、白血病ウイルス陽性という結果がでてしまいました、

そうかあ、、まだまだ根絶はしていないんだな、、、、と残念な結果になりました。

 

1.原因

 ウイルス感染(レトロウイルス)

2.感染機序

 接触感染、胎盤、乳汁感染

3.感染すると

 まずは口の中の咽頭部の局所リンパ節で増えます

 でも、そこで免疫力があると、ウイルスは体内から完全に除去され、ウイルスが全身に広がることはなく、抗原検査でも陽性にはなりません。

 でも、免疫が不十分だと、血液中のリンパ球などの単核細胞に感染し、ウイルスが血液中に広がります(ウイルス血症)

 1) 急性感染期

  倦怠感、発熱、リンパ節の腫れ、

  ウイルスを排泄し、他の猫にうつす可能性がでます

 2) 3通りのパターンがあります

 ① 病気を克服するハッピーな猫ちゃん

急性感染期をなんとか、やりすごして、ウイルス血症が収束し、体内からウイルスが完全に除去されるので、ほかの猫にうつすことはなくなります

 ② ウイルスが体の中に潜んでしまう、残念な猫ちゃん

ウイルス血症は収束して猫ちゃんは無事に生還するものの、骨髄の造血前駆細胞にウイルスが感染して不顕性感染状態となるため、免疫力が低下すると、ウイルスが再活性化して感染性をもつことがあります。

  つまり、いったんは治るけれど、シニアになって、免疫力がおちたりすると、体の中に潜んでいたウイルスが活性化して感染源になるということです。

③ 生涯、感染性をもってしまう、アンハッピーな猫ちゃん

 免疫反応が不十分で、16週間以上、ウイルス血症になると、生涯にわたって感染性を持ち続ける。ウイルス血症を持続すると、数か月から数年は重篤な症状なく過ごしますが、最終的にが、造血系悪性腫瘍、免疫介在性の病気、骨髄抑制、二次感染などで猫白血病ウイルス関連症候群となって、死亡します。

死亡率は、2年間で50% 3年間で80%

 

同居の猫ちゃんがいなければ、白血病の猫ちゃんを保護したとしても、その子のケアだけですみますが、同居の猫ちゃんがいると、やっかいです。

まずは、白血病のワクチン接種と、隔離生活(一言でいっても、難しいですが)が必要になります

f:id:anbeto:20181022162535j:plain

 だんだん、秋めいてきましたね

お散歩の季節ですーーー

劇団四季のライオンキング

先日、初めて、劇団四季の舞台をみました

10年ロングランの名作「ライオンキング」です。

すごーかったーですーー

著名なスターや、アイドルなんぞはいなくて、プロの舞台役者さんたちの、ホンモノの舞台って感じです。

演出よし、歌よし、衣装よし、音楽よし

端っこの席ですが、一番前がとれたので、眼の前でアフリカの太鼓やトライアングルなどをたたいている演奏者さんがまじかにみえ、通路側に座っていたので、役者さんたちが客席通路を通って出場してくれるので、一体感も感じられ、

文句なしのすばらしい舞台でした。

舞台と旅行は、座席と天気で決まりますよねえーー

f:id:anbeto:20181107143827j:plain

非けいれん性てんかん重責発作

長時間の全身けいれん発作のあと、昏睡になって、けいれんしていないのに、

 

けわしい顔

顔や口がピクピクしている

これも、発作が続いている状態です。

この状態になると、その数時間で死亡します。

重責発作の致死率は38.4%(人間は3-33%)

 

昏睡になったら、残念ながら、救命は難しいですよね。

犬猫の場合は、脳死はありません(人工呼吸器つけないから)

 

雨の日にドックランにいく、物好きがここにいました

新横浜のドックラン

ボルゾイ軍団6頭に追いかけられて、全速力でうれしそうに走っています。足の速いボルゾイたちは、笑いながら追いかけているような雰囲気でした。

f:id:anbeto:20181104143330j:plain

 

f:id:anbeto:20181104143317j:plain

全速力で走れるのが、犬の幸せのようです

f:id:anbeto:20181104143310j:plain